上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
12月25日22時32分配信 読売新聞

 社会保険庁は25日、年金受給資格があることを知らずに手続きをしていないため、年金を受け取っていない人が、全国推計で約3万5000人いるという調査結果を公表した。

 同庁の業務を引き継ぎ、来年1月1日に発足する「日本年金機構」が通知を出すなどして、該当者の特定を進める。

 社保庁は既に、受給資格があるのに記録漏れなどが原因で「無年金」状態の高齢者が約3万人いるとの推計を公表しており、合計で約6万5000人が本来、受給資格があるのに受給していないことになる。

 社保庁は2007年段階で年金を受給していなかった60歳以上の高齢者4000人を対象にサンプル調査を実施。うち保険料納付期間が年金受給に必要な25年に達しているか、保険料を追納すれば資格が得られる人が約2400人いた。

 聞き取り調査で、大部分は受給開始年齢に達していないケースだったものの、約3・3%の人は受給資格があることを知らなかったことが判明したという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091225-00001187-yom-soci
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2009.12.27 Sun l 年金 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。