2月16日7時56分配信 産経新聞

 大阪府東大阪市が平成20年度の国民健康保険の算定を誤り、40歳以上65歳未満の被保険者から保険料を過徴収していたことが15日、分かった。国や府の補助金も過大に受給しており、過徴収と過受給額は総額10億円を超える見込み。市は過徴収分などを返還する方針だが、対象となる被保険者には死亡したり転居したりしているケースもあった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100216-00000062-san-soci
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2010.02.19 Fri l 年金 l top ▲