上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
3月24日19時45分配信 カナロコ

 茅ケ崎市は24日、国民健康保険(国保)料を算定するプログラムにミスがあり、加入者の一部の41世帯に本来より低額の保険料を通知した、と発表した。

 市保険年金課によると、2009年度の保険料率で計算するところを、プログラムミスで08年度の保険料率で計算した。このため、41世帯に誤った保険料が記載された納入通知書が送付された。不足額は8万6400円。最大で1万200円低額だったという。

 うち7世帯は通知書送付後に加入者の市税情報に変更があったため、自動的に保険料が再計算されて正しい金額の記載された通知書をが再送付された。残りの34世帯に対して市は23、24の両日、職員が戸別訪問し、謝罪をした上で追徴するなどしたという。

 市がプログラムの運用を委託している業者は、05年9月から09年7月までに国保料の賦課誤りや納付書の誤送付、固定資産税・都市計画税納税通知書のバーコード記載誤りなど計7回の設定ミスを起こしているという。服部信明市長は「再発防止を業者に厳正に申し入れる」などと述べた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100324-00000023-kana-l14
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2010.03.25 Thu l 年金 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。