4月8日11時42分配信 毎日新聞

 納めた保険料の記録が残っていない「消えた年金」問題で、長岡市では19人の受給漏れがあったことが7日、分かった。追加支給は年額計約130万1900円で、最多では43万500円の増額だった。減額はなかった。
 市は、旧社会保険庁の業務を受け継いだ日本年金機構の調査に協力。連絡先が不明だった37人について、国民健康保険などの個人情報を基に電話や訪問によって調べた。調査拒否や死亡の7人を除く30人のうち、19人の受給漏れを確認し、連絡先を同機構に通知した。増額訂正された19人のうち5人は年額10万円を超えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100408-00000070-mailo-l15
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2010.04.08 Thu l 年金 l top ▲