上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
日本テレビ系(NNN) 11月6日(土)0時17分配信

 会計検査院は昨年度、国が使った金のうち、約1兆7900億円の使途が不適正だという報告書を公表、過去最悪の無駄使いが指摘された。

 最も大きかったのは、旧「国鉄」職員の年金を扱う「鉄道建設・運輸施設整備支援機構」で、余った利益1兆2000億円を国に返すべきと指摘された。この金は今年4月の事業仕分けでも「国庫返納」と判定されていた。また、内閣府が大規模な災害で情報共有などに利用する中央防災無線は、検査した39か所のうち33か所で地震の際、無線自体が倒れて壊れる恐れのあることがわかった。そのため、過去3年の耐震工事に使われた15億円相当が不適切な支出にあたると指摘した。

 社会保険庁が管轄していた「ねんきん特別便」は、発送の業務を委託した民間業者に社保庁が送付先の住所などを誤って指示していた。そのため、52万人以上に対して再送付が必要となり、約3000万円の無駄な経費がかかったと指摘している。

 会計検査院は、今後も特に国民の関心の高い独立行政法人や特別会計などの経理を厳しく検査するという。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20101106-00000000-nnn-soci
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2010.11.06 Sat l 年金 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。