読売新聞 12月12日(日)20時2分配信

 内閣府は11日、公的年金の積立金の運用結果を8割超の人が知らなかったとする世論調査結果を発表した。

 それによると、2008年度にはマイナス6・9%と落ち込んだ収益率が、09年度にはプラス7・5%に回復した積立金の運用結果について、「知らなかった」「あまり知らなかった」と答えた人は合わせて82・5%だった。一方、積立金の運用について、「関心がある」「どちらかといえば関心がある」と答えた人は、合わせて60・9%だった。
調査は10月14~24日、全国の20歳以上の男女3000人を対象に面接方式で行い、1981人(回収率66%)が回答した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101212-00000035-yom-soci
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2010.12.13 Mon l 年金 l top ▲