上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
毎日新聞 2月24日(木)10時36分配信

 ◇計337世帯
 伊達市と桑折町、飯舘村は23日、それぞれ08~10年度の国民健康保険税を一部の住民から規定より多く徴収していたと発表した。合計で337世帯で598万9900円に達した。いずれもプログラムの作成を委託した「福島県中央計算センター」(福島市)にミスがあったのが原因。3市町村は今後、対象世帯に謝罪し、全額還付するという。
 伊達市では、249世帯から計464万8900円を多く徴収していた。
 同市国保年金課によると、08年度の後期高齢者医療制度創設に伴い、国保から同制度に移行する高齢者がいる低所得世帯への軽減措置適用にミスがあった。本来、国保税が2割軽減される世帯の一部が軽減なしと判定され、最大で1世帯6万5800円を徴収し過ぎた。同センターがシステムの再点検をし、21日に誤りに気付いたという。
 同様にして、桑折町では72世帯から計110万1300円、飯舘村では16世帯から計23万9700円を過大徴収していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110224-00000008-mailo-l07
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2011.02.27 Sun l 年金 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。