上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
読売新聞 4月11日(月)22時11分配信

 厚生労働省は11日、専業主婦の国民年金の切り替え忘れ問題で、間違った記録が確定し、本来より多い年金を受給している人が5万3000人に上るとの推計を公表した。

 切り替えを忘れていた期間は平均6・8か月、過払い額は年額1万円程度で、最長では10年8か月、年額で21万円程度のケースもあった。

 切り替え忘れにより、本来より多い年金を受け取ることになる現役世代は42万2000人。期間は平均23・5か月で、年額4万円程度を多く受給する計算になるという。切り替えを忘れていたのは全体で97万4000人、このうち年金受給者は14万3000人だった。

 厚労省は4月中に新たな救済策を取りまとめ、国民年金法改正案を今国会に提出する方針だが、過払いの受給者5万3000人に返還を求めるかどうかが焦点となる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110411-00000919-yom-pol
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2011.04.16 Sat l 年金 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。