上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
毎日新聞 8月10日(水)20時19分配信

 厚生労働省は10日、サラリーマンが加入する厚生年金の10年度決算を発表した。時価ベースでは2682億円の赤字と、前年度(7兆8474億円の黒字)から、大幅に悪化した。長引く円高や東日本大震災後の株安で積立金の運用損が3069億円に達したため。

 市場での運用分を除いた簿価ベースでの収支は、保険料率引き上げ効果などで2905億円のプラス。黒字は2年ぶりで、高齢化による給付増を賄うため、積立金から当初、前年度比2兆5881億円増の6兆3431億円を取り崩す予定だったが、収支の黒字化により、6兆526億円で済んだ。

 10年度末の積立金残高は、時価ベースで114兆1532億円(前年度末120兆7568億円)となった。

 同時に発表した自営業者らの加入する国民年金の決算は、積み立て規模が小さく運用の影響を受けにくいため、時価ベースで2195億円の黒字。積立金の残高は7兆7394億円(同7兆5079億円)と微増した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110810-00000081-mai-pol
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2011.08.12 Fri l 年金 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。