上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
読売新聞 12月6日(火)9時57分配信

 東京都後期高齢者医療広域連合は5日、都内に住む75歳以上の高齢者らが2012年度に支払う医療保険料が、現行より16・1%上昇するとした試算を明らかにした。

 医療給付費が膨らむなどしたためで、1人当たりの年間保険料の負担額は、今年度に比べて1万3622円アップの9万8149円となる見込み。

 年金支給額の減額が検討される中で、大幅な保険料の引き上げとなれば高齢者への影響は大きく、波紋を呼びそうだ。

 同広域連合は、今後都が管理する財政安定化基金の取り崩しで、引き上げ幅を3%程度圧縮する方針。その上で、都や国に対し、さらなる財政支援を求めることで、負担軽減に努める考えだ。後期高齢者の保険料は2年ごとに見直しが行われており、前回は4・9%の引き上げだった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111206-00000206-yom-soci
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2011.12.10 Sat l 年金 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。