上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
DIGITAL DIME 1月12日(木)12時59分配信

 毎月の給料明細を見ると、がっつり天引きされている保険料。これで老後も安泰なら納得できるけど、今後の年金制度改革(改悪)によっては、単なる払い損になる可能性も!?

 年金破たんの危機の大きな原因は少子高齢化だ。内閣府発行の「高齢社会白書」によると、65歳以上の高齢者を支える現役世代の数は、1970年では9.8人だった。しかし2009年になるとその数はわずか3.3人に減少。どだい無理な制度の結果、生じてくるのが世代による年金の格差だ。

 国民年金の未納問題も深刻だ。現在の制度は、厚生年金加入者も国民年金に二重加入している「基礎年金制度」になる。つまり国民年金が枯渇すれば、厚生年金から支援が行なわれ、未加入者の肩代わりをしているのだ。何だか損ばかりしている現役サラリーマン組だが、この暗い先を乗り切る策はあるのか?

「個人年金に入るなど、自衛策は立てるべきです。そのうえで将来70歳まで働き続けるための健康管理を考えること。支給開始年齢の引き上げは避けて通れません」

 こう語るのは、学習院大学経済学部の鈴木亘教授。そりゃそうだけど、そもそも70歳の時に働き口自体があるのかが不安。政治家の皆様、ホント何とかして!

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120112-00000001-dime-soci
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2012.01.22 Sun l 年金 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。