上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
フジテレビ系(FNN) 1月22日(日)12時7分配信

岡田副総理は、22日朝のフジテレビ「新報道2001」で、消費税率の10%への引き上げ案には、年金の抜本改革に必要な財源は含まれず、年金改革実現には、さらなる増税が必要になると述べた。
岡田副総理は「年金の抜本改革に必要な財源は、今回の(消費税増税の)10%には入っていませんから。さらなる増税ということは、当然必要になります」などと述べた。
岡田副総理は、年金の抜本改革に必要な財源を確保するには、消費税率の10%への引き上げとは別に、さらなる増税が必要との認識を示し、「規模や制度をどうするか、きちんと議論したい」と述べた。
また岡田副総理は、消費税増税をするなら衆議院を解散すべきと主張する野党に対し、「公約で自民党は、2015年に10%と言っているのに、賛成しないのはおかしい。消費税を理由に選挙をするというのは、論理矛盾だ」と批判した。
そして、消費税増税関連法案について、「きちんと可決しないといけない。選挙をやって、時間をかけている余裕はない」と強調した。
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2012.01.22 Sun l 年金 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。