上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
毎日新聞 2月1日(水)14時54分配信

日本年金機構は31日、奄美大島年金事務所(奄美市)で、年金保険料など計122万9332円が入った手提げ金庫二つがなくなったと発表した。何者かが盗んだとみて奄美署に被害を届け出た。
年金機構によると、1月30日午前8時ごろ、出勤した国民年金課長が課の大型金庫を開けたところ、中にあるはずの手提げ金庫がなくなっていることに気づいた。厚生年金適用徴収課でも同様だった。27日午後7時ごろに、事務所長が建物の施錠をした時点では、それぞれ大型金庫の中に手提げ金庫はあったという。
大型金庫はシリンダー錠と暗証番号で二重ロックされ、鍵は所長と2人の担当課長が管理している。年金機構は鍵の保管状態と、27日夜~30日朝の職員の出入りについて「捜査中のため」として明らかにしていない。
手提げ金庫には、厚生年金保険料117万円余と、国民年金保険料2万6600円、釣り銭準備金3万円が入っていた。
年金機構広報室の金光謙次室長は「管理が不十分で申し訳なく思っている。預かった保険料が出てこない場合は、税金などしかるべき形で穴埋めされることになる」とコメントした。【山崎太郎】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120201-00000240-mailo-l46
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2012.02.11 Sat l 年金 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。