時事通信 3月23日(金)13時13分配信

 厚生労働省は23日、AIJ投資顧問(東京)による年金消失を受け、厚生年金基金の2010年度決算の調査結果を公表した。それによると、全578基金の37%に相当する212基金で企業年金部分の積立金が底を突くとともに、公的年金の一部を国に代わって運用する代行部分でも積み立て不足に陥る「代行割れ」となっていることが明らかになった。運用難などから財務基盤が著しく悪化している基金が相次いでいることを裏付ける内容だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120323-00000087-jij-pol
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2012.03.24 Sat l 年金 l top ▲