上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
女性自身 7月1日(日)7時13分配信

「今となっては『消えた年金問題自体が消えた』と言ってもいい状況。申請があるものには対処していますが、これ以上は立ち行かないのが現状でしょう。自民党でダメだったこの問題に国民が怒ったから、民主党は政権を取ることができたのに」

そう憤るのは、経済ジャーナリストの荻原博子さん。『消えた年金』問題とは、’07年に社会保険庁のずさんな管理により、5千万件に及ぶ年金記録漏れが発覚、これを当時、野党だった民主党の長妻昭議員が追及したもの。不正をただす民主党の姿勢をアピールし、政権交代の遠因ともなった出来事だった。荻原さんはこう続ける。

「『消えた年金』問題に勢いがあったのは最初だけ。政権発足当初は『この問題に力を注ぐ』と、当時の厚生労働大臣であった長妻さんは豪語していましたが、どんどん尻すぼみになっていったのです。この問題で力を発揮するはずだった長妻さんも、官僚との軋轢で退任に追い込まれました。『消えた年金』問題を追及した本人が退いたことは、この問題が後退した理由のひとつでしょう」

今後、この問題の行方はどうなっていくのか。荻原さんはこう話す。

「加入者全員に交付されるはずだった『年金通帳』を受け取った人はいますか?
誰もいません。今では申し訳程度に、インターネットで加入状況を確認できる『年金ネット』の利用を推進しています。全件照合も今では不可能とされ、照合できたのは半分以下。まだ消えたままの人は多く存在するはずです。結局、自分で自分の年金は守るしかないのです。うやむやにされないよう、自分の年金はしっかり確認・点検し、おかしいと思ったら訂正させるしかないのです」

マニフェストを何ひとつ実行せず、マニフェストにはない『消費税増税法案』を成立させた民主党。これでは”やるやる詐欺”といわれてもしかたがない。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120701-00000302-jisin-soci
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2012.07.02 Mon l 年金 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。