上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
読売新聞 7月27日(金)17時49分配信

 厚生労働省の厚生年金基金特別対策本部は26日、主に中小企業が加入する厚生年金基金や、大企業の確定給付企業年金について、年金財政の悪化に備えた新たな対策をまとめた。

 現在は、企業が加入者に約束した運用利回り(予定利率)を引き下げる場合、給付額を減らさないよう、最長20年かけて企業側の保険料負担を増やすことを省令などで定めているが、これを最長30年に延長する。毎年の負担額を軽減し、年金財政の悪化を食い止める狙いがある。

 また、退職者の年金給付の減額を認める要件についても見直す。現在は、加入企業の過半数が複数年赤字であることなど経営が悪化している場合か、企業側の保険料負担が大幅に上昇する場合のいずれかに該当することが必要だが、黒字の企業でも減額を申請できるように明確化した。

 厚労省令の改正などを行い、9月にも各基金に通知する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120726-00001192-yom-soci
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2012.07.28 Sat l 年金 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。