TBS系(JNN) 12月22日(土)5時38分配信

 年金保険料などを財源に設置された、全国の59の社会保険病院のうち、少なくとも4つの病院で5億円余りの使途不明金があることがわかりました。

 これは「年金・健康保険福祉施設整理機構」の中間報告で明らかになったものです。

 報告によりますと、社会保険病院のうち、4つの病院で2010年度、または2011年度の決算で、使途不明金があわせて5億1400万円に上ることが判明しました。使途不明金は特別損失に計上されるなど、不適切な会計処理を行っていたということです。

 4病院のほかに、会計に問題がある病院は13病院あり、このあわせて17の病院については、全て、全国社会保険協会連合会が経営を委託されていました。

 調査結果を受け、厚労省は連合会に対し、各病院でバラバラになっている会計方式を統一することや、外部監査の導入を徹底するよう指導しました。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20121222-00000010-jnn-soci
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2012.12.22 Sat l 年金 l top ▲