上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
毎日新聞 1月19日(土)15時25分配信

 松江市は18日、国民健康保険料などの還付加算金の算定方法にミスがあり、計211万2800円(計622人分)の加算金が未払いだったと発表した。年金から天引きする後期高齢者医療保険料でも事務処理のミスがあり、227万8200円(301人分)が未払いだった。市は対象者におわびを送付し、還付を始める。

 保険年金課によると、国保の未払いは07~12年度の計189万2000円(499人分)。1人当たりの最高額は2万8700円。06年度以前でも未払いの可能性があるが、確認が取れないという。
 また、後期高齢者医療保険料も08~12年度の計17万8000円(105人分)、介護保険料も06~12年度の計4万2800円(18人分)で未払いだった。
 いずれもマニュアルがなく、担当者が還付加算金の計算を始める時期の解釈を誤っていたという。後期高齢者医療保険料の事務処理ミスでは、担当者が還付済みと誤認していた。
 三島康夫・市民部長は「市民の信頼を損ね、深くおわびする。今後、事務処理マニュアルの総点検と職員研修を徹底する」と謝罪した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130119-00000233-mailo-l32
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2013.01.29 Tue l 年金 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。