時事通信 4月24日(水)23時8分配信

 日本年金機構は24日、公的年金の加入記録に誤りがないか全受給者・加入者に確認を求めた「ねんきん特別便」で、記録に漏れや誤りがあると返送した約1307万人のうち、約4万人に対して調査結果を回答していない可能性があることを明らかにした。7月に対象者に文書を送り、記録の再確認を要請する方針だ。
 機構が同日開かれた社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)の年金記録問題に関する特別委員会に報告した。不適切な事務処理の原因について、機構は「年金記録問題が発覚した当初の混乱期で、調査結果の入力処理を確実に行っていなかったことなどが考えられる」としている。
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130424-00000192-jij-pol
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2013.04.28 Sun l 年金 l top ▲