上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
毎日新聞 6月13日(木)23時39分配信

 政府の社会保障制度改革国民会議(会長・清家篤慶応義塾長)は13日、年金改革について、民主党が求めてきた最低保障年金創設などの改革案を棚上げすることで大筋合意した。今後は同会議の法律上の設置期限(8月21日)までに、支給開始年齢の引き上げやデフレ下での年金減額などを中心に現行制度の修正点を議論する。

 全額税を財源とする最低保障年金の創設やすべての年金を一元化する民主党案には、現行制度を前提とする自民、公明両党が反発している。このため国民会議では議論に入れずにいた。

 清家氏は13日の会議で「遠い将来に可能になるかもしれない話とそうでない話を分けて議論するのが建設的と、大方の合意が得られた」と述べた。ただ、同会議の多くの委員は「民主党案は非現実的」と判断しており、棚上げは同党案を顧みないと宣言したのに等しいのが実情だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130613-00000125-mai-pol
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2013.06.16 Sun l 年金 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。