上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
若者はこんな朝日新聞をボイコットすべきだ。きのう7月1日の朝日新聞社説は、年金未納の若者に対して、身を守るためにも年金未納の愚をおかすなと、まるで厚生労働省や財務省の代弁のような社説を掲げていた。しかも非正規職員に対して説いている。正社員なら勤務先が厚生年金への加入手続きをするが、いまや急増しつつある非正規職員は自分の身を守るために今のうちに保険料を納めておけと説いているのである。しかも朝日の社説は知っている。保険料が高く、経済的に支払うのが困難である若者が7割以上もいることを。

そもそも年金問題が国民的関心事になったのは、年金記録の紛失問題といういい加減なことが放置されていたことが発覚したからだ。それをきっかけに、この国の年金制度が、官僚のご都合主義の積み重ねで複雑、不公平きわまりない物になってしまった事を国民は知った。だから根本的な年金制度改革を進めなければならないのに、何時までたっても何の改革もできないままだ。しかも財政不足を理由に支給年齢はどんどん引き上げられていく。70歳は当然とさえ言わる始末だ。まともな若者なら自分が70歳になるころは年金制度は破綻していると考えるだろう。それにも関わらず年金の徴収だけは容赦なく取り立てる。これは詐欺だ。払う事がバカらしくなるのは当然だ。朝日新聞の社説がいうように「身を守る」必要性があるというなら、それは国が社会保障制度を充実させて守らなければならないと言うべきなのだ。ところがこの社会保障制度改革もまた一向に進まない。朝日が社説で書くべきは、そんなこの国の政治家や官僚の無策、怠慢である。

若者は7月1日の朝日新聞の社説「年金未納 若者に身を守る知識を」という社説を読んで、そんな社説を掲げる朝日新聞をボイコットしなければならない。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/amakinaoto/20130702-00026125/
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2013.07.07 Sun l 年金 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。