毎日新聞 7月18日(木)19時49分配信

 大阪市は18日、75歳以上の高齢者らを対象にした後期高齢者医療制度で、1607人に総額約1860万円の保険料を還付しないミスがあったと発表した。市は対象者に謝罪文を送り、支払いに応じる。

 市によると、保険料は原則、区役所などが年金から天引きして徴収しているが、被保険者が市外へ引っ越したり死亡したりした場合、日本年金機構などに連絡して徴収を停止する。過徴収した分は、被保険者や相続人に還付する。

 しかし、同制度が始まった2008~12年度までの5年間で、計1607人に還付通知を発行していなかったことが発覚。担当者の失念や、市と区役所の分担が不明確だったことが理由という。今後はマニュアルを作成するなどし、再発防止に努めるという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130718-00000079-mai-soci
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2013.07.21 Sun l 年金 l top ▲