上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
読売新聞 10月12日(土)9時29分配信

 厚生労働省は11日、世帯間の所得格差が分かる「所得再分配調査」の2011年の結果を発表した。

 所得格差を示す「ジニ係数」は、社会保険料や税金を支払う前の所得(年金を除く)にあたる「当初所得」で0・5536と過去最大を記録した。格差が広がったことについて、厚労省は「年金で生計を立てている高齢者世帯の増加が背景にある」と分析している。

 当初所得のジニ係数は、1984年から年々増加しており、今回は08年の前回調査を0・0218ポイント上回った。年間の平均当初所得は404万7000円で、高齢者が家計を支える世帯に限ると92万7000円となった。

 一方、所得に年金や医療費などの社会保障給付を加えた「再分配所得」のジニ係数は、給付を受けたことによる格差の縮小率が31・5%(前回比2・2ポイント増)と過去最大だった結果、0・3791(同0・0033ポイント増)でほぼ横ばいとなった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131011-00001042-yom-bus_all
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2013.10.12 Sat l 年金 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。