上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ダイヤモンド・オンライン 12月5日(木)11時55分配信

 2014年4月から消費税が増税される。インフレで物価が上昇したら、税金額はさらにアップする。来年以降の世帯別、年収別の負担額を試算したので、忍び寄る負担地獄の現実を知り、家計の見直しに着手しよう。

 今後、われわれの家計を直撃するのは消費税増税と年金減額だけではない。想定可能なだけでもこれから挙げる4つの負担増が襲ってくるのだ。

 1のインフレでは収入や年金額のアップが見込めない中、物価だけが上昇すれば生活レベルの低下は免れない。虎の子の預貯金も実質価値が目減りしていくのだ。株や投信、物価連動国債を購入するなどインフレに負けない運用をする必要がある。

 医療や介護保険の財政は破綻寸前なので、高齢者は2と3にあるように自己負担分の1割から2割へのアップが確定的だ。つまり今までの倍の料金を支払う必要がある。

 現役世代も無縁ではない。

 給与から引かれる健康保険料や介護保険料がアップするからだ。また軽度の要介護者の支援の中止、特別養護老人ホームへの入所基準の厳格化が予定されているが、これは親を介護する人への大きな負担増となる。

 すでに毎年10月に値上げされているのが毎月天引きされる厚生年金保険料だ。平均的なサラリーマンなら毎年約1万円の負担増だ。もし、あなたがそれに気付いてなかったら危険だ。負担増時代に備え、給与明細を確認する習慣を身につけよう。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131205-00045542-diamond-bus_all
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2013.12.08 Sun l 年金 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。