時事通信 1月31日(金)12時39分配信

 年金受給者らで組織する全日本年金者組合は31日、過去の物価下落時に年金支給額を据え置き、本来より高くなっている水準を元に戻すため、2013年10月に実施された減額措置の取り消しを求め、組合員ら11万6795人が不服審査請求を行うと発表した。同日中に厚生労働省や各地の年金事務所に提出する。
 政府は、年金支給額が本来の水準よりも2.5%高くなっているのを解消するため、13年10月に1%を減額。加えて、同措置に関しては14年4月に1%、15年4月に0.5%を減らす予定。
 冨田浩康中央執行委員長は、今回の不服審査請求について「年金受給者の大きな怒りを政府はしっかり受け止めてほしい」と訴えた。
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140131-00000068-jij-pol
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2014.02.02 Sun l 年金 l top ▲