上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
毎日新聞 5月1日(木)3時50分配信

 国民年金保険料の2013年度納付率が4年ぶりに国の目標だった60%を上回る見通しとなったことが分かった。納付率は年金記録問題を機に制度への不信が高まり、低下傾向が続いている。厚生労働省によると景気が回復傾向にあることに加え、日本年金機構が滞納者への督促を強化したことが背景にあるという。

 年金納付率は記録問題などから制度への不信感が高まり、最近の納付率は05年度の67.1%以降、減少傾向が続いていた。12年度は7年ぶりに改善し、59.0%となったが、国の目標だった60%には届いていなかった。

 13年度は1月までの10カ月間で、前年同時期に比べて1.8ポイント高い59.4%に達した。さらに厚労省は2、3月にかけて滞納者への財産調査や差し押さえの手続きを強化しており、国が今年3月までの計画で実現を目指した60%台に到達することが「ほぼ確実」(厚労省幹部)となった。4月以降の新たな計画では、5年以内をめどに「60%台半ば」を目指すという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140501-00000010-mai-bus_all
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2014.05.03 Sat l 年金 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。