上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

日本テレビ系(NNN) 9月26日(金)1時43分配信

 塩崎厚労相は、BS日テレの番組「深層NEWS」に出演し、年金積立金の運用について、専門知識が豊富な複数の理事による合議制に変えるべきだとの考えを示した。

 127兆円にのぼる日本の年金積立金は、GPIFという独立行政法人が国債や株式などで運用している。塩崎厚労相は、これについて、独法の理事長1人の責任で行われている現在のあり方を見直し、専門知識が豊富な複数の理事による合議制に変えるべきだとの考えを示した上で、独立行政法人という形自体を見直す可能性についても言及した。

 塩崎厚労相「独立行政法人という形では、基本的なガバナンスの仕組みがいかがなものかはという事は、実は海外からも前から指摘されているし、有識者会議もそういう事ではないよね、独任性じゃない、独法じゃない、新しい合議制の理事会のある組織にしようと」

 現在は、年金積立金の運用の6割を国債が占めているが、塩崎厚労相は、安全かつ効率的な分散投資を目指すべきだと強調した。

 その上で、GPIFに、専門的な能力を持つ職員を増やし、運用を委託する現在の形ではなく、「直接運用する事も選択肢に入れていい」と述べた。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20140926-00000003-nnn-soci
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2014.09.27 Sat l 年金 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。