読売新聞 6月5日(金)16時5分配信

 厚生労働省は5日、日本年金機構の情報流出に関し、担当する年金局の課長や審議官が報告を受けたのは、同機構が警察に相談した6日後の5月25日だったことを明らかにした。

 同省の担当係長は、同機構が最初のウイルスメールを受信した5月8日に問題を把握していたが、17日間は、ほぼ1人で対応していた。

 塩崎厚労相は5日の閣議後の記者会見で、「報告が遅れたのは事実。外部の専門家らにしっかり検証していただく」と述べた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150605-00050070-yom-sci
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2015.06.06 Sat l 年金 l top ▲