現代ビジネス 8月30日(日)11時1分配信

 巷では「夫が逝くと妻は元気になるが、妻を亡くした夫は早く逝く」とも言う。うるさい、小憎らしいと思いながらも、長年ともに生きてきた妻。夫にとって、その死は驚くほど致命的なものになる。

妻の後を追った演出家
 「まさか、アイツが先に逝っちまうとは、思わなかったですよ。私は酒もタバコもやめられない口だけど、女房は一切、やらなかったしね……。

 妻なんてのは空気みたいなもんだと言いますね。しかし、空気が突然なくなったと思ってごらんなさい。そりゃ、大変なことですよ」

 東京・板橋区在住の高木信一さん(73歳・仮名)は、こう言って、一昨年に亡くなった妻の位牌を見やった。

 長年連れ添った夫婦と言えど、寿命は人それぞれ。妻の生前は「口うるさいやつ」、「もう飽きた」などと言っていた夫でも、いざ妻を喪ってみると、ショックは大きいものだ。

 その衝撃の深刻さを物語る事件が、7月29日に起きている。同日午前3時、ミュージカルなどの舞台演出や台本の翻訳で高い評価を受けていた、演出家の吉川徹氏(54歳)が自宅で首を吊って亡くなったのだ。

 この日は、吉川氏の54回目の誕生日。そして午前3時は、今年1月3日に心不全のため急逝した、妻はるみさんの亡くなった時刻だった。

 吉川氏が手掛けた舞台で、スタッフをまとめる舞台監督を務めた男性は、こう明かす。

 「舞台の演出家には、気性が激しく、スタッフや出演者に怒鳴り散らすような人も多いのですが、吉川さんはとても物静かでした。ミュージカルの楽曲の歌詞を翻訳するときなどは、曲にぴったりの日本語を見つける。内向的で文学肌の人でした。

 奥さんもとても控えめな人で、劇場に来ることがあっても、あまり目立たない印象でしたね。吉川さんより10歳くらい年下だったと思います」

 芸能界では、仕事もプライベートも区別せず、家族ぐるみの付き合いをするような役者、スタッフも多い。だが、吉川氏は一線を引き、プライベートの話を避けるタイプだったという。

 「お子さんもいなかったと思います。プライベートは奥さんと二人きりの時間が多かったでしょうね。1月に突然、奥さんが亡くなった後は、1ヵ月ほど仕事を休んでいました。復帰後、私が『ご愁傷様でした』と挨拶をしたら、『いやいや……』と苦笑いしただけで、自分は大丈夫だと見せようとしていたようでした。

 吉川さんは奥さんに捧げる詞を書き、知り合いのミュージシャンに歌わせてオリジナルCDを作成し、私たち知人、友人に配っていました。いま、それを聴くと、何て繊細な人だろうと改めて思います。きっと傷つきやすかったんだろうなと……」(前出・舞台監督)

 吉川氏は複数の遺書を残していた。実兄には密葬にしてほしい旨などを書き残したほか、仕事の関係者には「1月から整理をしてきて、いまはすがすがしい気持ちです」などと綴っていたという。

 妻に先立たれることで夫の負う精神的ダメージは、かくも深い。夫の多くは、心のどこかで、「男の自分は妻より先に死ぬ」とイメージしていることも、衝撃をより大きなものにしているだろう。

 男性も長寿を謳歌するようになった現代、妻に先立たれる男性も増えている。そんななか、実際に妻を亡くした夫たちからは、心理的な傷を負っただけでなく、「生活ができなくなった」「もう老後破産するしかない」と、家計崩壊目前だという悲鳴があがっている。いったい、何が起こっているのか。

年金の救済策は専業主婦向け
 練馬区在住で長年、都内の菓子卸会社に勤務していた中里正実さん(76歳・仮名)は、こう話す。

 「うちの女房は、がんだとか、寝たきりになったとか、そういう長患いをしないで、2年前に突然、脳梗塞でぽっくりと逝ったもんですから、私はびっくりしてしまってね。

 現実感がなくて、ぼうっとしているうちに、葬儀も済み、納骨も済み……。自分で買い物をしないと冷蔵庫が空のままだと気づいたのが、妻が亡くなってから2週間ほど後でしたかね……。スーパーで『牛乳の値段というのは近頃こういうものか』なんて思ったりしていたところに、年金の支給日が来たんですよ」

 銀行で記帳した中里さん。その段になってようやく、もう妻の年金が入らないことに思い至った。

 「家に帰って、妻のつけていた家計簿でかつての収入を確認してみてギョッとしました。月額計算では夫婦で28万円あった年金が、月15万円強に減ってしまったと分かったんです」(中里さん)

 なぜ、そんなことになったのか。中里さんの妻は看護師の資格を持ち、二人の子供が乳幼児だった時期を除いて私立病院で勤務していた。

 妻の生前、中里家の年金収入は月額換算で、夫婦各人の基礎年金が約5万5000円。厚生年金は中里さんが約10万円、妻が約7万円。月額収入は計28万円だった。

 ところが、妻の死亡にともない、基礎年金と厚生年金の計12万5000円がごっそり減ってしまったのだ。老後の家計に詳しいファイナンシャル・プランナーの横川由理氏は、こう指摘する。

 「厚生年金を受給している配偶者が亡くなっても、遺された妻や夫が遺族厚生年金を受け取ることができない場合があります。

 ただ、厚生年金の制度は『夫が働いて専業主婦の妻を養う』という家族を前提に設計されている側面が強く、夫、妻ともに厚生年金を受け取っている共働きだった夫婦の場合、救済の効果は限定的なことが多いのです」

 遺族厚生年金は、遺された配偶者の厚生年金が、死亡した夫や妻の厚生年金の4分の3に満たない場合に発生する年金だ。

 複雑なので、中里家の実例で見てみよう。妻の厚生年金は7万円。夫の厚生年金は10万円だ。

 中里さんの厚生年金のほうが多いので、妻が死亡しても、中里さんには何の救済措置もない。

 一方、仮に夫の中里さんが先に死亡したとする。妻の厚生年金は、夫の厚生年金10万円の4分の3=7万5000円に満たない。すると妻には妻自身の厚生年金との差額5000円が加算される。

 さらに、もし妻が専業主婦だった場合を考えれば、妻自身の厚生年金はゼロなので、妻は7万5000円の差額をまるまる受け取る計算になる。遺族厚生年金はまさに、「専業主婦向けの救済策」なのだ。

 年金収入が激減した中里さんの生活。独りになったのだから生活費も2分の1になるかと思いきや、そうはならないと中里さんは次第に気付いた。

 「まずはアパートの家賃が4万5000円。これは独り暮らしでも夫婦でも、変わりはしません。

 水道・光熱費も、半分にはなりません。会社勤めをしていた頃ならいざしらず、リタイア後のいま、家で電気やエアコンをつけている時間は独りになっても変わらない。

 風呂だって二人暮らしだったら2回溜めるというわけじゃない。少しでも出費を削れないかと、水道の蛇口に節水ゴマを入れたり、シャワーヘッドを節水にしたりと考えを巡らせましたが、そんな工夫は女房がとっくにやっていた。

 それに、独りだと夜なんかは家が静かすぎてね……。気が付けばテレビをつけっぱなしにしている時間が、むしろ増えていた。電気代がかさむのが怖いので、近頃は『3・11』のとき買った、防災用の手回し発電のラジオを引っ張り出して聞いています」(中里さん)

 さらに、こんな例もある。中野区で表具店を営んでいた太田順吉さん(74歳・仮名)の妻は、化粧品メーカーの事務職だった。太田さんは言う。

 「私は親から店を継いだんですが、自営業ですから年金は月5万円の基礎年金だけでした。妻のほうは会社の厚生年金が月4万円、基礎年金と合わせて9万円くらいもらっていた。その妻が一昨年、大腸がんで逝きまして。月14万円だった収入が、妻の遺族年金3万円と合わせても8万円になった。ほんとに毎日の生活が苦しいですよ」

 商店街に面した自宅兼店舗は、築50年近い建物の固定資産税こそタダ同然だが、土地は借地で月2万円の地代がかかる。

 夫婦がコツコツ貯めてきた預貯金は、妻の闘病を経て300万円まで減っていた。この蓄えを食い潰さないためにも、月4万円で生活しようと太田さんは目標を立てた。

 「しかし、これがなかなかうまくいかない。一番もどかしかったのは食費ですよ。贅沢しているつもりはないのに、独りになって半分になるどころか、むしろ増えてしまった。最初は料理なんてどうしていいかわからないから、近くのファミレスに通ったんです。ところがファミレスで一人前食べると800円はする。朝晩2食で生活しても1日1600円。毎日食べたら月4万8000円で、とてもじゃないが続けられない」(太田さん)

 これは自炊するしかないと考えた太田さんだったが、そこからも困難の連続だった。

「妻のパート代」のありがたみ
 「スーパーで買う食材なんかは、二人でも独りでも結局、合計金額は大して変わりません。青物は食べきれないと腐ってしまうので、ピーマンや玉ねぎをバラで買ったり、大根もカットしたものを買ってしまう。生の肉や魚も食べきれないので、便利な加工食品を選んでしまう。でもバラ売りや加工食品は、当然ながら単価が高い。おまけに1リットルの醤油のパックが流しの下にあるのに気付かず、小分けで売っている卓上用を買ったりとドジを踏むので、節約なんかできやしない」(太田さん)

 何もかも面倒になり、トマトときゅうりと目玉焼きばかり食べていた時期もあった。

 「でもご近所さんに、『あんた最近、幽霊みたいだけど大丈夫か』と言われて、初めて娘に泣きついた。いまは週に一度、娘に来てもらって料理指南を受けています。娘が買い出しのときカネを足してくれているのは分かっているけれども、お互い口にはしません。私の最後の自尊心を守ってくれている。武士の情けですよ……」(太田さん)

 こんな証言もある。記事冒頭に登場した73歳の高木さんは、都内の機械部品メーカーで営業職を務めていた。一昨年亡くなった2歳年下の妻は専業主婦だったが、20年ほど前から、近所のスーパーで、パートタイムで働いていた。

 「私が現役だった間は、『ありゃ女房の小遣い稼ぎだ』と軽んじるようなところもあったね。だけどアイツが逝ってみて、パートがほんとうに日々の家計を助けてくれていたのがよく分かった」

 高木さんの妻が、狭心症が悪化して体調を崩すまでパートで得ていた収入は平均月6万円ほど。亡くなったいまは、5万円の基礎年金も入らなくなった。高木さんの年金は、基礎年金が月6万円、厚生年金が月11万円だ。

 「生涯現役の時代だなんて言うけど、私みたいに、特別なスキルもない70過ぎたジイさんができる仕事なんて、滅多にない。アイツは長いことパート先でうまくやっていたから、70近くまで使ってもらえた。私がこれから頑張ったって、そう収入が増える見込みはないね」

 だが、高木さんもまた独りになって、むしろ支出が増えたと話す。

 「アイツがいなくなって、毎日口喧嘩する相手もいやしない。こちとら会社通いに慣れているのに、毎日することもない。特別、楽しいなんて思わなくても、パチンコ行ったり、居酒屋行ったり、何だかんだで、手持ちのカネは消えちまう。結局、あんなうるさい女房でも、いてくれたほうがありがたかったんだなぁ……」

 妻を亡くし、家計崩壊の瀬戸際に追い込まれる夫たち。後篇ではさらに、その切実な生活事情を見ていこう。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150830-00044886-gendaibiz-bus_all
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2015.09.05 Sat l 年金 l top ▲