上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
時事通信 10月30日(金)19時34分配信

 日本年金機構は30日、年金受給者に順次送付している2016年分の扶養親族に関する申告書に同封した手引に、記載ミスがあったと発表した。
 申告書は受給者が年金にかかる所得税の控除を受ける際に必要だが、手引の「寡婦控除」の要件を説明した部分に漏れや誤りがあり、一部の受給者が該当しないように読める内容となっていた。
 寡婦控除は、扶養親族である子がいる場合は受給者本人の所得が年500万円超でも対象となるが、手引にはその記載が漏れていた。また、子以外の扶養親族がいる場合は所得要件を設けていないのに、「500万円超」と説明していた。
 年金機構は、今回のミスの影響で寡婦控除の申告をせず、所得税が過大に徴収される恐れのある受給者を約500人と想定。今後、影響を受ける可能性のある受給者を割り出し、申告内容の確認を呼び掛ける文書を送る。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151030-00000170-jij-pol
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2015.10.31 Sat l 年金 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。