上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
産経新聞 11月25日(水)15時56分配信

 日本生命保険は25日、厚生労働省が制定した「年金の日(11月30日)」にちなんだアンケート結果を発表した。

 「老後に公的年金を毎月どのくらい受け取れるか」(夫婦合計)は、年代別にみると、20代まで、30代、40代が「10万円以上20万円未満」、50代、60代、70代以上が「20万円以上30万円未満」の比率が最も高かった。若い世代ほど受取額が少ないと考えていることがみてとれる。

 今年度から始まった給付削減の仕組みによって実質的な年金額が目減りしていくことや、将来の公的年金への漠然とした不安を反映している可能性が高いと分析している。

 同社は、今年8月に調査した「ゆとりある老後生活に必要な生活費」で「35万円以上」との回答が最も高かったことと比較し、「公的年金だけではゆとりある老後を送れないと考える人が多い」(ニッセイ基礎研究所の中嶋邦夫主任研究員)とも分析している。
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2015.11.29 Sun l 年金 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。