上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
時事通信 12月25日(金)19時19分配信

 厚生労働省は25日、書面により生存確認をしている75歳以上の年金受給者約7200人の現況を調査したところ、233人が既に死亡し、89人が行方不明だったと発表した。
 日本年金機構は計322人の年金支給を差し止めた。
 厚労省などは、このうち27人のケースについては、悪質な不正受給の疑いがあると判断し、警察に被害届などを提出。このほか、受給者の死亡判明により年金の過払いが生じていた場合は親族らに返還を求める。
 322人を都道府県別に見ると、最も多いのが大阪で48人。次いで東京31人、埼玉、神奈川がそれぞれ28人など。差し止めた年金は月額平均9万4000円、最高は29万4000円。ただ、誤って支給した年金の総額は不明という。 
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2015.12.27 Sun l 年金 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。