時事通信 1月29日(金)11時42分配信

 厚生労働省は29日、2016年度の公的年金支給額を前年度と同額に据え置くと発表した。
 据え置きは13年度以来、3年ぶり。これにより、年金支給額を抑制する「マクロ経済スライド」も発動しない。ただ、支給額の端数処理の方法を変更したのに伴い、受給者によって月額で数円の増減が生じる。国民年金の月額保険料は670円増の1万6260円とする。 
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2016.01.30 Sat l 年金 l top ▲