上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
TBS系(JNN) 7月1日(金)5時5分配信
 所得が低い人向けに国民年金の保険料の支払いを猶予する制度の対象が、7月1日から50歳未満に拡大されます。

 国民年金の保険料は今年度、月額1万6260円で、老後に年金を受け取るには25年以上の加入期間が必要です。所得が低く、保険料の支払いが難しい場合、納付を猶予する制度がありますが、1日から、その対象が30歳未満から50歳未満に拡大されます。

 これは非正規労働者の増加にあわせた措置で、猶予期間は将来の年金額に反映されませんが、受給に必要な加入期間にカウントされます。

 猶予される人は、10年以内であれば、後から猶予期間の分を納めることができます。厚生労働省は、「無年金にならないように制度を活用してほしい」としています。
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2016.07.02 Sat l 年金 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。