時事通信 8月12日(金)12時35分配信

 他人に成り済まして運転免許証を取得したとして、警視庁交通捜査課と大井署は12日までに、有印私文書偽造・同行使などの疑いで、僧侶杉本暁宥(59)=川崎市中原区市ノ坪=、日本年金機構職員坂本一夫(50)=横浜市保土ケ谷区星川=両容疑者を逮捕した。

 同課によると、2人は「住宅ローンを組むための身分証が必要だった」と容疑を認めており、使用目的を詳しく調べる。

 逮捕容疑は2014年9月~15年1月、坂本容疑者が杉本容疑者に成り済まして神奈川県内で自動車学校の教習を受けたり運転免許を申請したりし、杉本容疑者名義の免許証を不正に取得した疑い。

 交通捜査課によると、杉本容疑者は「色覚障害で免許が取れなかったため成り済ましを依頼した」と説明。坂本容疑者は自分の写真を使って申請し、報酬として約70万円を受け取ったという。 
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2016.08.13 Sat l 年金 l top ▲