上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
「厚生」65歳まで引き上げ
 Q 年金は、何歳になったら受け取れますか。

 A 国内に住む20歳以上60歳未満の人が加入を義務づけられている国民年金(基礎年金)は、原則として65歳から支給されます。

 ずっと自営業や、サラリーマン家庭の専業主婦だった人は、受け取れる年金は基礎年金だけです。

 一方、会社員などが加入する厚生年金は、現在は一部が60歳から支給開始されます。ただし、将来は65歳に引き上げられます。

 厚生年金は、65歳を境に、支給内容と名称が変わります。

 60歳代前半の年金は、「特別支給の老齢厚生年金」と言い、二つの部分に分かれています。加入期間に応じて金額が決まる「定額部分」と、現役時の賃金に応じて決まる「報酬比例部分」です。それぞれ、「特別支給の老齢厚生年金」の半分程度です。

 このうち、報酬比例部分は、今のところ、60歳から支給されています。

 定額部分は、1941年(女性は1946年)4月1日以前に生まれた人は、60歳で支給開始でしたが、その後に生まれた人からは、61歳、62歳と、段階的に引き上げられています。49年(同54年)4月2日以降に生まれた人は、定額部分は受け取れません。

 定額部分がなくなった後、報酬比例部分の支給開始も段階的に引き上げられます。60歳から受け取れるのは53年(同58年)4月1日生まれの人まで。61年(同66年)4月2日以降に生まれた人は受け取れません。

 なお、60歳代前半の年金は、厚生年金の加入期間が1年以上あることが受給要件です。1年未満の場合、生年月日にかかわらず、受給は65歳からとなります。

 65歳以降の厚生年金は、「老齢厚生年金」と言います。金額の計算方法は、60歳代前半の報酬比例部分と同様です。

 65歳になると、基礎年金も受け取れます。ただし、60歳代前半で、定額部分を含む厚生年金を受給していた人については、定額部分が基礎年金に切り替わる仕組みです。全体の年金額は増えません。

 基礎年金には、60歳以降の希望する時期から受け取れる「繰り上げ受給」の制度があります。ただし、繰り上げ期間に応じて減額されます。厚生年金でも、報酬比例部分の支給開始年齢が引き上げられれば、同様の制度が適用されます。また、現在も、定額部分を基礎年金の一部とともに60歳まで繰り上げることが可能です。
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2007.06.09 Sat l 年金Q&A by読売新聞 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。