上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 舛添要一厚生労働相は13日、秋田市内で記者団に対し約5000万件の「宙に浮く年金記録」の該当者を特定する名寄せ作業用に開発中のプログラムについて、20日をメドに試験運用する考えを明らかにした。政府が公約した「来年3月までの名寄せ作業完了」に必要なプログラムだが、短期間での開発は不可能との声が出ていた。試験運用をふまえ名寄せ作業を12月に始める。

 一方、新薬申請から承認まで国内では約4年かかる点に関し「5年以内に米国並みの1年半程度に短縮する」と述べた。政府は6月の「骨太の方針2007」にこの方針を盛り込んでいる。舛添厚労相は、薬の副作用の有無などを調べる審査官を今後3年間で400人に倍増するなどの対策を示し、目標の達成は可能と説明した。
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2007.10.23 Tue l 年金 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。