上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 日高管内えりも町の元職員による国民年金保険料着服事件について、同町は二十二日までに、「告発した事実に間違いはない」としてあらためて告発しない方針を決めた。これにより、今後は社会保険庁が告発の手続きを取ることになりそうだ。

 町によると、二○○二年三月二十日、保険料を着服した元職員を当時の助役が浦河署に業務上横領罪で告発した。これに対し同署は「相談を受け告発の書類を提出するよう求めたが、受理はしていない」と否定している。

 町は町議会とも協議し「既に口頭で告発し当時、町議会や町民にそのことを説明しているため、新たな手続きの必要はない」との結論に達した。

 この事件では、税務課の職員が二○○○年一月から○二年三月にかけ、国民年金保険料(二万六千六百円)や固定資産税など計約六百三十万円を着服。町は同年三月十八日付で懲戒免職にした。
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2007.10.23 Tue l 年金 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。