上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 高齢者らによる「あいち年金者一揆」の集会が六日、名古屋市中区栄の栄小公園で行われ、約四百人が最低保障制度の早期実現や、高齢者の負担が増えるとされる後期高齢者医療制度の撤回を訴えた。

 愛知年金者組合の茶谷寛信委員長は「百五十年かけてつくった社会保障の制度を自らの手で勝ち取ろう」とあいさつ。同組合の各支部が「高齢者はがけから突き落とされる世の中」「強きを助け弱きをいじめる、あべこべの政治」と政府の福祉政策を批判した。

 参加者は、水戸黄門を演じた寸劇や合唱で集会を盛り上げ、「消費税の増税反対」「憲法二五条を守ろう」などとシュプレヒコールをあげた。
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2007.11.13 Tue l 年金 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。