上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
11月16日11時25分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071116-00000917-san-pol

 舛添要一厚生労働相は16日午前の会見で、福田康夫首相が消費税率の来年度の引き上げを見送る意向を表明したことに関連し、基礎年金の国庫負担引き上げの時期について「平成21年度に3分の1から2分の1に引き上げるという方針は、いささかも揺るがない」と述べた。当初の予定通り、国庫負担引き上げを実施する考えを強調したものだ。
 舛添氏は、国庫負担引き上げの財源について「消費税は当然だが、それが駄目なら所得税ということも議論としてはあり得る」として、国民的議論の必要性を指摘。消費税率の引き上げが見送られたことに関しては「消費税を含んだ税制、財政論議はやらないといけない」とした上で、「(消費税率を)具体的に来年度上げるかどうかは、いろいろな状況を勘案して首相が判断したと思う」と語った。
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2007.11.27 Tue l 年金 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。