上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
11月27日12時50分配信 ツカサネット新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071127-00000000-tsuka-bus_all

経済的負担増の記事です。

2002年10月   雇用保険料引き上げ3000億円
2003年4月    医療―健保の本人負担3割、保険料引き上げ1兆3000億円
年金給付―物価スライド(0.9%引き下げ)3700億円
介護保険料引き上げ(65歳以上)2000億円
2003年5月    雇用保険―失業給付額削減3400億円 発泡酒・ワイン増税770億円
2003年7月    たばこ税増税(1本1円程度)2600億円
2004年1月    所得税―配偶者特別控除廃止4790億円
2004年10月   厚生年金保険料引き上げ(13年間毎年)6000億円
2005年1月    所得税―公的年金等控除縮小、老年者控除廃止2400億円
2005年度    住民税―配偶者特別控除廃止2554億円
2006年度    住民税―公的年金等控除縮小、老年者控除廃止1426億円
2006年1月    定率減税を2年で廃止  全廃すれば年間3兆3000億円
2006年度見直し 健康保険(保険料の引き上げなど国民負担増)

<検討中の今後の国民負担増>
消費税の引き上げ(政府税調や経団連などで大幅引き上げ検討)

このほかに、ガソリンから始まった物価上昇、住宅ローン金利の上昇、消費者金融の貸し渋り、貸しはがし。交通違反を含むあらゆる罰金の増額、増え始めた倒産、リストラ、さらに弱者に対する補助の削減、廃止。
一般サラリーマン、自営業者、中小零細企業には『死ね』と言っているのでしょうか???
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2007.12.13 Thu l 年金 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。