上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
11月30日12時43分配信 ツカサネット新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071130-00000013-tsuka-pol

最近、いろんな社会のことが問題になっているが、そのひとつの年金問題について書きたいと思う。

今、旦那の会社で年金を支払っているが、最近の人は5割の人が年金を支払っていないとか・・。
友人の中にもそういう人がおり、この話になった時には必ず「将来は絶対にもらえないんだから、払うなんてバカらしい。自分で貯金した方がいい」
と言うのだ。

確かにそうだ。もらえる保証なんてないし、自分で貯金したお金の方がはるかに信じられそうだ。
しかし、今払っている年金というものは、自分たちの為の貯金ではない。私たちの上の世代の人達へのものである。
だから、「もらえるかわからないから払わない」なんて理屈が通用するのがまずおかしい。

そりゃあ私だって払いたくない。
一生懸命旦那が働いて稼いだお金だし、うちがお金をもらいたいくらい生活も厳しいのに・・。
だけど、それは義務なのだから仕方ない。

社会のおかしな所っていろいろとあるのだが、この年金問題に関しても、払わない者に対してもう少し厳しくできないものなのだろうか。

これではまじめに払ってるものに対して不公平じゃないか。
払わない者が多くなってきていて足りないからといって消費税がどんどん上げられては、正直迷惑である。
もちろん、払わない側だけが悪いんじゃないのはわかっている。そもそも、国を信用できないような状態だから、払わない人が増えてるのである。
いらない贅沢をしたり、無駄な給料を払ったり、天下りなんてものがあるから国民が信用しなくなる。

私だって信用なんてしていない。
将来もらえなかったらどうしようなんて思うが、どうにもできない。
早くこの不公平な問題をどうにかしてほしい。

今のままでは、正直ものがバカを見るというのが現実のものになってしまう。
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2007.12.13 Thu l 年金 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。