12月14日21時8分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071214-00000148-mai-soci

 自治体職員による年金保険料着服問題で、愛媛社会保険事務局が業務上横領容疑で告発していた同県新居浜市の元非常勤職員の女性(51)について、松山地検西条支部は14日、起訴猶予処分とした。

 地検によると、元職員は98年9月~01年6月ごろまで、同市内に住む32人分の保険料計約140万円を着服。遊興費や債務返済などに流用していた。時効分の約39万円を除く101万円について、発覚後に全額弁済されている▽既に退職をしている▽反省の情がうかがえる、などの理由で起訴猶予処分とした。
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2007.12.27 Thu l 年金 l top ▲