上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
1月16日22時58分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080116-00000218-yom-pol

 1957年までの厚生年金の「旧台帳」と呼ばれる年金記録約1365万件のうち約6万件が、ずさんな管理により、事実上、年金記録の漏れなどを点検する照合作業に役立たない状態にあることが分かった。

 舛添厚生労働相が16日、社会保険庁が旧台帳の保管を委託している埼玉県内の民間倉庫を視察した後、記者団に明らかにした。

 厚労相は倉庫での旧台帳の保管状態について、「(台帳が)番号順になっていない。問い合わせても、有るのか無いのか、わからない」と説明した。

 旧台帳は、社保庁のコンピューターに入力されている年金記録の原本で、段ボール約4300個に分けて保管されている。本来、都道府県ごとに年金番号に基づいて整理されていなければならないが、約6万件分は、職員が利用した後、元の位置に戻さず、別の箱に保管されていた。
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2008.01.18 Fri l 年金 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。