8月9日12時1分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080809-00000035-mailo-l12

 千葉社会保険事務局は8日、県内6社会保険事務所で87~05年度に複数の年金受給権が発生した26人に対し、計9726万786円の未払い年金があったと発表した。年金選択の手続き完了を確認しなかった。
 未払い年金の最高額は千葉社会保険事務所が扱った市原市の女性(95)の約1662万円。未支給者には9月までに全額が支払われる。事務局は07年1月にはすべての未払いを把握していたが、「未支給者への説明が終わっていない」ことを理由に公表を控えていた。
 事務局によると、未払いが発生したのは配偶者が死亡した受給権者など。受給権者は年金の種類を決める「年金の裁定請求書」と「年金受給選択申出書」を提出するが、今回は提出された「年金受給選択申出書」を、各事務所がシステム登録する社会保険庁社会保険業務センターに送っていなかったり、窓口での申出書の提出確認を怠るなどした。
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2008.08.18 Mon l 年金 l top ▲