上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
2月4日21時5分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090204-00000135-mai-soci

 社会保険庁職員らのミスによる無年金問題で、昨年5~9月に受給権を回復した62人のうち13人には基礎年金番号がなく、「ねんきん特別便」が届いていないことが分かった。4日の衆院予算委員会で長妻昭委員(民主)が資料を提出した。

 ねんきん特別便は、基礎年金番号の持ち主に送られた。基礎年金番号は導入された97年以前に死亡した人、導入時点で年金に未加入でその後も加入していない人には付番されない。62人のうち2割が特別便で記録確認できなかったことになる。

 長妻氏が「無年金者は推計118万人いる。せめて3000人をサンプル調査すべきだ」と指摘した。これに対して舛添要一厚生労働相は「基礎年金番号を持たない人への呼びかけは、新聞広告などでしている。無尽蔵に予算や人があるわけでない」と消極的な姿勢を示した。
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2009.02.17 Tue l 年金 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。