4月2日19時31分配信 ロイター
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090402-00000029-reu-bus_all

 [東京 2日 ロイター] 米大手コンサルティング会社のワトソンワイアットによると、2008年度の国内企業年金基金の運用利回りはマイナス17.1%(推計値)となった。
 昨年9月以降の金融市場の混乱で、内外の株価が大きく下落したほか、円高の進行により外国債券の運用成績が悪化したことが要因。1─3月期の利回りはマイナス1.7%。
 同社は「日本の年金の運用利回りとしては2002年度のマイナス12.7%を下回る過去最悪のパフォーマンスになった」と指摘している。
 同社は、約120の国内年金基金を対象に四半期毎に運用調査を行っており、直近の資産配分データを基に市場指数の動向を加味して運用利回りを推計している。

スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2009.04.09 Thu l 年金 l top ▲