上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
5月25日22時15分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090525-00000215-jij-pol

 厚生労働省は25日、公的年金の受給額に関する試算結果を明らかにした。今年度65歳になり厚生年金を受け取るモデル世帯(40年加入、妻が専業主婦)の場合、20年後の受給額は現役世代の手取り収入の約4割となる見通しとなった。モデル世帯以外でみると、40年間共働き世帯の場合は、今年度受給開始時の年金額が27万9000円で対現役比は48.3%、単身男性も15万7000円、43.9%と、ともに初めから50%を割り込んでいる。
 政府は受給開始時の「5割確保」を約束している。厚労省は今年2月に5年に1度実施する公的年金の財政検証を公表。この中で、現役世代の平均手取り収入に対する厚生年金の給付水準(所得代替率)について、モデル世帯は現在の62.3%から徐々に低下するものの、38年度以降は50.1%を確保できるとの試算を示した。 
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2009.05.27 Wed l 年金 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。