9月5日16時1分配信 毎日新聞

 鹿児島社会保険事務局は4日、年金記録を改ざんしたとして50代の男性職員を、停職8カ月の懲戒処分にした。妻の年金保険料未納期間を納めたように改ざんし、年金支給額を増やそうとしたらしい。職員は同日、依願退職した。
 同局によると、職員は鹿児島北社会保険事務所にいた94年3月、妻が未納した15カ月間(85年1月~86年3月)約10万円を納めたように端末で記録を改ざん。当時、年金専門官(係長級)で、記録にアクセスできる立場を悪用した。年金記録問題の報道が相次いだことを受け、奄美大島社会保険事務所の総合相談室長だった今年4月、再び端末を操作し、記録を元に戻した。だが、保険料の還付金が発生し、還付手続きの過程で発覚したという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090905-00000228-mailo-l46
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2009.09.13 Sun l 年金 l top ▲