9月9日20時55分配信 産経新聞

 駒村康平・慶応大教授(社会政策論)の話「年金政策は長期にわたり安定させなければならず、政権交代の都度、変えるという訳にはいかない。改革にあたっては与野党がよく議論して合意する必要があり、超党派で協議できる場も必要になると思っている。最低保障年金に類似した仕組みは多くの国の年金改革で導入されているが、国民への情報はまだ不足している。民主党の改革案については誤解している人もいるので、民主党には政策の周知徹底が求められる。また消費税の増税に反対する声もあるが、国民全員が得をする年金改革はないと考えなければならない」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090909-00000615-san-pol
スポンサーサイト

 ←応援クリックお願いします!


今すぐチェック!
↓↓↓
2009.09.13 Sun l 年金 l top ▲